血糖値が高いとどのような症状が出やすい?

高血糖の何が良くないのか確認してみます

血糖値が高いと身体によくないということを知っている方は多いと思います。しかし、血糖値が高いと「なぜ」身体に良くないのでしょうか。また、血糖値が高いとどのような症状が出やすいのでしょうか。

高血糖が続いた場合の身体の変化

血糖値の基準値は空腹時で110mg/dl未満。食後2時間後で140mg/dl未満とされています。これ以上高いと高血糖と診断されます。また、食後2時間後で200mg/dlを超えている場合は糖尿病が強く疑われます。では、血糖値が高い状態が続くと体内でどのような変化が起きるのでしょうか。

血液内のブドウ糖が増えすぎる、つまり血糖値が高くなると余ったブドウ糖をなんとか利用しなければということで、別の代謝経路が働き出します。この経路で生み出されるのが「ソルビトール」という物質で、これが細胞にとって有害なものとなります。

血糖値が上昇しすぎると、ソルビトールが大量に生産され果糖への代謝が追いつかなくなります。その結果として、細胞内にソルビトールが貯まってしまい、細胞を傷つけ始めます。

血糖値が高いときに見られる症状

血糖値が高いときにはどんな症状が見られるのでしょうか。これが厄介なことに、多少上昇したくらいでは主な症状は見られません。そのため、血糖値が高いかどうかを見抜くには健康診断がとても重要となります。

また、いくら症状が見られにくいといっても、一定の数値からは自覚症状が出てきます。

それは、異常に喉が乾くといったことです。高血糖、特に糖尿病になると周囲から見ても明らかにおかしいと思えるぐらい水を飲むようになります。場合によっては、特に運動をしてもいないのに1日で6リットルもの水を飲む患者さんもいらっしゃいます。

あとは、おしっこの回数、量が増えるということが挙げられます。おしっこの回数、量の増加も異常な飲料量からくるものです。さらにもう一つの理由として、糖尿病になるとおしっこに糖が混じることが挙げられます。おしっこに糖が混じると、おしっこの浸透圧が上昇するため、腎臓で生成されるおしっこの量が増加するのです。

そして、おしっこの泡がきめ細かく、長い間消えずに残るようであれば、身体の危険信号であることが多いので、すぐに病院に行くことをおすすめします。

更には、疲れやすい&体重の減少といった症状は高血糖で血液がドロドロになっていることが原因で起こります。血液がドロドロになると血流の流れが悪くなり、その結果、筋肉や臓器に血液中の栄養を十分に届けることができなくなります。

こうなると身体は血液中の栄養の代わりに筋肉そのものなどを分解し、エネルギー源にしようとします。そして、筋肉などが分解された結果体重が減少し、また、身体を動かすのに必要な筋肉が減るので、疲れやすくなるのです。

関連記事一覧

カテゴリ