炭水化物を減らせばHbA1cは下がる?

運動が難しいなら食生活の改善で

HbA1c値が高いと糖尿病のリスク、いずれは、糖尿病合併症のリスクも含まれるので、早急に下げるのが課題となります。

数値上の目安として、なるべく正常値である4.3~5.8%くらいまで近付ける必要があるのだとか。その方法としては、主に食事療法と運動療法が挙げられます。

しかし、運動療法の方は、あまり簡単では無いようです。

激しく運動すれば、その分、エネルギー消費が大きくなるので、血糖値を下げ、HbA1cも下がりやすいというイメージはありますが、この数値自体、日頃の食生活1ヶ月~2ヶ月によって生じた結果なのであまり意味が無いのだとか。

つまりは、日常的に続けられている運動じゃないと意味が無い。

例えば、毎日1時間程度のウォーキングや水中ウォーキングといった低酸素運動をし続ける事が何より大切。

これを毎日続けるのは、根気のいる事だと思います。

特に、仕事や家事のせいで中々時間の自由が効かない場合は・・・。

仕事で疲れきって帰った後に、さてやるぞと気合いを入れても、時間が限られているとモチベーションも維持できません。

そこで、主に食事療法によることになりますが、具体的にはどのように食生活を改善すれば良いのでしょうか?

なんだか、ダイエット同じような感じで、単純にカロリーを控えめにすれば良いのでは、とも思えそうですが、実際はカロリーに制限は無く、糖に注目して、炭水化物(糖質)制限が肝心なのだと容易に想像できます。

また、糖尿病など意識すると、食事を抜くことで最悪ケトアシドーシスとなる事もあるので医者からは、それもダメだと注意されてしまうそうですが、体が受け付けない時には、無理に食べないのも血糖値改善の方法です。

でも、それがどの位の程度なら良いのかわからないものなので、こんな時にも血糖値測定器があれば、ある程度の目安を確認し、今後の食生活へとフィードバックしていく事になるのではないでしょうか。

関連記事一覧

カテゴリ